ロイク〜

ワタクシの原点でもあるのだ。

アパートメントの池田です。

こんにちは。


以前にもお話したことがあるんですが、

ぼくは雑貨屋さんで15年ほどお仕事していました。

高校生の時に初めて見た雑貨屋さんで、

すがーん!と衝撃を受けたアイテムがいくつもあります。


そのひとつがコチラ。


【Duralex Picardie(デュラレックス ピカルディ)】

30年ほど前、カフェやカフェバー(ちょっと恥ずかしいわいやん)で、

ちょっと気の利いたグラスといえばコレでしたね。

耐衝撃のとっても丈夫なこのグラスはフランスの業務用食器です。


おフランスの香りをプンプン感じたヤング池田。

各サイズを揃えて、自室(和室)でペリエを飲んでみたいと真剣に考えたわけです。

が、当時ペリエなんて古町の明治屋さんくらいでしか売ってなかった。

あっても炭酸水にこのお値段はちょっと・・・酔えないしゅわしゅわ水にはちょっと。

結局。キリン一番絞りをどふどふ飲んでました。

一番搾りでほろ酔いでシャンゼリーゼに思いを馳せたもんです。

ゴロワーズを短くなるまで吸ってマドモアゼルに飛び乗ってなんてね。


今や定番グラスのひとつ、このピカルディが・・・

「ロイク〜〜〜」


まっ黒なピカルディ!

当時を知る方にはとっても新鮮に見えるのではないでしょうか?

あの頃、黒いピカルディなんて考えもしなかった。

当たり前に存在するなにかに、ちょっと手を加えたら

また新しい魅力を備えたっていう好例ですね。

もちろん当時をご存じない方でも、このグラスでおフランスを感じてほしいです。


【Duralex Picardie ソフトタッチ マットブラック】

お値段は¥880(+tax)


アパートメントの1階でご覧ください。

新年の日本酒をこのグラスでキメるか。


池田


0コメント

  • 1000 / 1000

APARTMENT

新潟県新潟市のインテリアセレクトショップ