SOLD OUT

THE 飯茶碗 益子

2,530(税込)

25ポイント獲得できます

レビューはまだありません

数量
売り切れ

この商品について問い合わせる

【小物配送対応商品】
単品購入の場合は小物配送:送料¥500でお届け致します。
複数商品をご購入の場合は、購入商品の全体サイズ概算で送料が設定されます。
  • 送料について
    :詳細は こちら
  • 雑貨、軽家具につきましては店頭在庫と共有しております。店頭販売との売り違いによる欠品が生じた際は すぐに取り寄せ、またはご相談の上キャンセル処理とさせていただきます。ご了承ください。

Description商品説明

【益子(栃木県)】
窯元:陶庫 道祖土和田窯
締土(しぼりつち)/糠白釉(ぬかじろゆう)
素材:陶磁器
重さ:約190g
容量:約500cc
サイズ:直径12cm 高さ6cm

柳宗悦や河井寛次郎とともに民藝運動を創始したことでも有名な人間国宝の陶芸家・濱田庄司が居を構えた益子。江戸後期に、幕府への献上品を焼くための「御用窯」として栄え、明治以降も東京や関東近郊の消費を支え、東北地方の瓦の窯としてもよく使われていたそうです。THE 飯茶碗「益子」は、益子六釉の1つである糠白釉を茶碗全体に掛け、土味をおさえて仕上げました。

『THE 飯茶碗』は、最も人の手に沿いやすく持ちやすい形状を追求した飯茶碗です。 口径は12cm。これは、標準的な大きさの日本人の両手で人差し指と親指を使い、円をつくったときの直径と同じ。つまり、持ったときに自然と手に馴染む大きさです。 そして高さは、その半分の6cmに設定しました。一般に、人差し指と親指(先端から付け根まで)の長さの比率はちょうど2:1とされ、手の向きをどの角度に変えてもこの比率は変わりません。

『THE 飯茶碗』の口径である12cm=四“寸”のような昔からある長さの単位は、人間の体から生まれた“身度尺”と言われます。近年、様々なデザインの手が入り、いろいろな形状の茶碗が増えていますが、おそらく昔からずっと、人の手の形から生まれた身度尺に沿った12cm=四寸の茶碗が、各産地で当たり前に作られてきたのでしょう。 今回作った『THE 飯茶碗』は、図らずも、「今の時代には無くなってしまったけれども昔からずっとつくられていた茶碗の原型」を復刻する形となりました。様々なデザイン によって失われつつあった茶碗の原風景=“手から生まれたかたち”に立ち戻れたことは、ひとつの発見でもありました。

今回、この全く同じ形状の茶碗を、異なる5つの産地で製造しました。日本の陶磁器の名産地である有田(佐賀県)、清水(京都府)、信楽(滋賀県)、瀬戸(愛知県)、益子(栃木県)の窯元に協力いただき、土、釉薬、仕上げなど、産地それぞれの特長を楽しめるようすべて白色に仕上げています。産地ごとに揃えたり、産地違いで集めたりと、 5つの表情を自由に楽しんでいただける飯茶碗です。

※それぞれの産地の特長が表情豊かに出せる仕上げにこだわっているため、窯の中の火加減や場所、季節や時期によって、どれも全く同じ焼き上がりにはなりません。

商品レビュー

レビューはまだありません

レビューを書く

Checked items